Introduction

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハネノネ

ここで取りとめもない話を綴っていこうかと思います。

thinkover.というCDがあります。
知らない人は、そういうことです。

さて、そのCDのtr14にハネノネという曲があります。
言わずもがな、作ったのは私です。

この作品には色々と試みを託しました。
この記事はその試みがきちんと貴方に伝わったのかどうか、若干の心配性を働かせた筆者がこの作品についていくつか記しておきたいと思った結果の文章であることを、ここに前置いてから書き進めます。
俗っぽい表現でいう所の、楽曲の「ネタバレ」を含む文章になります。

ご了承のうえ、「記事の続きを読む...」をクリックしてください。


まずこの曲は「歌モノ」です。
このCDのテーマは「考えるときのためのCD」でした。

考えるときに聞く音楽に歌を入れるのは、個人的にはあまり向いていないような気がしています。
歌には(一部を除いて)詩があり、詩には(一部を除いて)意味があります。意味とは思考の外にあるものです。
「意味」とは結果です。それは考えるときではなく、むしろ思考をした後に生まれるものだと私は思います。
自分の思考に意味が介入するとそれはあまり考えるときの音楽としては適切では無いような気がしますね。
しかしこれは私だけの感覚かもしれませんが。

一つの試みとして、あえて「歌モノ」にしました。

歌には詩があります。
thinkover.には歌詞カードが付いていません。恐らく企画の意向でもあるでしょうし、私もあえて歌詞カードを付けることはしませんでした。
歌詞カードを付加すると、詩の意味がさらに確固たるものになります。それは思考の邪魔にしかならないと判断しました。
(そして歌詞カードを付けなかったもう一つの理由として自己満足というモノも少なからずあります)

ここにハネノネの歌詞を書いておきます。
言ってる事が全然違うじゃないかと思う方も居るでしょうか。
そう思う人はここでこの記事を読む行為をやめておくと良いかも知れません。




ハネノネ

まどろみの奥に眠る
網の目の記憶(こえ)
ひとひらの微(かす)かな夢(はね)
幾重に抱く

あまねわす糸の想(きおく)
満ちて絆(ほだ)す最期(ひ)に
暗影に立つ光
細蟹(ひめ)の織る記憶(こえ)

露が光る はらりと
夢(はね)をたたむ はらりと
記憶(こえ)が絡む はらりと
頬を伝う はらりと



さぁ、どうでしょうか。読んだ人はもしかすると幻滅したか、後悔したかも知れません。
私にはその真偽はわかりませんが。

この詩には二重の「意味」があります。
聞いているだけでは恐らく絶対に解らない、文字にしたときにだけ解る「意味」があります。
すこし、回りくどすぎるでしょうか。
これも試みの一つです。


ポエトリーリーディングという表現手法があります。
知らない人は検索をしてみると良いかも知れません。
これも試みの一つです。
一度収録したポエトリーリーディングをサンプリングして、曲の全体にちりばめてあります。

これにはいくつかの意図があります。
一つは、私自身の表現手法の模索です。
一つは、意味の曖昧化です。
一つは、意味の拡張です。
細かくは説明しないことにします。
同時にポエトリーリーディングの原文も載せないことにします。
しかし少なくとも、これは「意味」があります。
我ながら、支離滅裂な主張をしているような気がします。


以上は曲の表面的な情報です。
恐らくこれだけの情報で私が何を言いたいのかすぐ解る人は私と私以外にはまず居ないと思います。
最後に少しだけ、曲の内側のお話を書いて、記事を終わろうと思います。






彼女は夢を見ました
自分が蝶々になる夢
その糸が身体をからめ取る感覚は
いつか感じたことがあるような不可思議
死んだ蝶々は羽化し、夢から孵り
そして彼女は夢を見ました

Comment

Secret

プロフィール

Kaoru / Brilliance

Author:Kaoru / Brilliance
Website:
Kaoriance

Twitter:
Kaoru/Brilliance

Soundcloud:
Kaoru/Brilliance

Pixiv:
Kaoru

Niconico:
Kaoru/Brilliance

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Twitter
drawr
pixiv
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。