Introduction

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰も得をしないことを書く




それが分らなくなってから暫くたつ


欲、欲することだとおもう
アレがほしいとか、これがしたいとか、何になりたいとか
食欲とか性欲とか
私自身、「欲」がどんなものかは少なくとも知っているはず
若者の云々離れが進んでいる
なんてテレビ、新聞、ネット等でよく見かけるのだけど、もはや半分笑い話というか、ある種のネタ情報として扱われているようになってきている
若い人に限って欲がどうこう、といいたいわけじゃない
これは私が「欲」の事が良く分らなくなってしまったという、そういう雑記


最近、ほしい物がある
いや、ずっと前から欲しいと思っていたものがある
それも沢山
Amazonのほしい物リストには私の物欲の歴史が連ねられ、そろそろ一つの生態系を築かんとしている
欲しいと思うことはそのとき確かにある
しかし、私が自分でもおかしいとおもうのは、その先
いざお金を手に握り締め、ほしいものを目の前にするとなぜかしり込みしてしまう

おかしい
お金はある
ほしいものがある
ほしいものを手に入れるために地道にお金を貯めたはずなのに、現物を目の前にした時、懐の中にあるお金の方に気が行ってしまい、お金を手放すのが億劫になるのだ

なんともおかしい話だ

私は欲がなんだか分らなくなってきた
私がしたいことってなんだ
たとえば「それ」が欲しいと思って「それ」を手に入れた場合、私は「それ」で何をしたいのか良く分らなくなるのだ
ならいっそ手に入れないほうがいいんじゃないか、とさえ思う
本末転倒だ


本来ならきっと、ほしいものを見つけ、それを目標に何か行動をし、その結果対価としてほしいものを手に入れるのは普通なことのはず
私は、ほしいものを見つけ目標に向かう行動を起こしたあと、なぜかほしいものを見つけた理由が分らなくなるのだ
自分でも訳が分らない

「コイツは一体何を悩んでいるのか」と、読んでいる人はもっと分らないと思う。

ほしい物に限ったことじゃない
私のしたいこと、私がなりたいもの、そしてきっとそれは私の未来に対しても
私は分らない
私はしたいことをしたい、当然だ。私のしたくないことは、きっと私がしたくないことだ。他の誰でもなく私がしたくないことなのだから、私がしたいと思うわけがない
本当に当然の事だ。
でも、それをする為に、いくらかの時間、そして他のしたいこと、他のしたくないこと、を費やす事が私にとって疑問なのかもしれない。断定できないのは、多分半信半疑なのと、そう思いたくない、とで半々くらいだ。
したいことのための対価は努力だけじゃない、したいことのためにしたくないこともしなければならない。
幾らなんでもそんなこと解っている。知っている。理解している。以前からそうしてきた。
なのに、いま、私はとても悩んでいる
解らなくなっている
理解に苦しむ。
なぜ、そんなことをしなければならないのか
なぜ、そんなことも出来ないのか
二律背反?二者択一?しかし八方塞りの袋小路な体たらく。
最早収拾が付かない



にもかかわらず
既に答えが出ている
世の中には、何億通りもの答えが出ている
それも私が頭を抱える要因になっている




解らないことが解っているだけで、解決策は見つからない
打開策は知っている
実行することは、正直、難しい
自分でも、愚かしいことは気づいているのだが

すこし、いやかなりいい加減な文章だ
きっと自分以外誰も理解できないし、得しない。
でもあえて公開することにきっと意味があるんじゃないかなとか、適当な理由を付けて
雑記終わり

Comment

Secret

プロフィール

Kaoru / Brilliance

Author:Kaoru / Brilliance
Website:
Kaoriance

Twitter:
Kaoru/Brilliance

Soundcloud:
Kaoru/Brilliance

Pixiv:
Kaoru

Niconico:
Kaoru/Brilliance

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Twitter
drawr
pixiv
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。